hygge#007

hygge#006
建築地:福島県相馬市(5地域)
SPEC:UA値0.27【W/㎡・K】C値0.1㎠/㎡ 
認定:認定長期優良住宅(耐震等級3、断熱等性能等級6※防火地域のため開口部性能差あり) ZEH

ホワイトの外壁に木製玄関、サッシと外壁仕上げのバランスを取るためにモールディングを施しました。
水切りや雨樋はガルバリウムのシルバーで金属色を主張。
西面に窓が一つもないのも特徴的ですが、日射遮蔽を考えての設計です。

玄関床タイルは600mm角の大判となっております。
宅配ボックスを設置する予定の広い玄関ポーチと相性が良く、外構の完成が楽しみです。
玄関ホールの扉はフルハイトドア、ネイビーは現場にて塗装を施したお施主様こだわりの色合い。
照明器具はFLOS/IC S2が入り可愛らしい印象となりました。
ホール脇にはクロークを設けています。可動棚として生活スタイルの変化に対応していくことが可能です。

トイレ内に造作手洗い器を設けました。
ボウルやミラーのサイズにもこだわりのある設計となっております。
タイルや壁紙、機器類まで色合いも美しい仕上がりとなりました。

LDも美しさと使いやすさを両立しています。
ダイニングのPH5は別なお部屋のPHminiと交換を可能として、雰囲気の変化を楽しむこともできます。
キッチン腰壁部分は輸入塗料による仕上げとなっておりまして素敵なアクセントです。

キッチンもお施主様のこだわりが詰まっております。
設けられた飾り棚は大工さんによる造作でレッドオークを台形に加工しました。
タイルの割付や隣接する部分とのバランスは現場調整の見せどころです。
キッチン左の収納部は家電やゴミ箱を収納します。
事前に各サイズを確認することでシンデレラフィットとなります。

リモコン類はニッチ内に設置するとともに、冷蔵庫も目立たなくする壁を設けました。
こうした設計のご提案の中に、吹き抜け部の構造材をどう受けるかなどいくつかの意図も盛り込まれております。
お打ち合わせの際には間取りを平面的に捉えるだけではなく、こちらが構造なども想定しながら不要なコストが掛からないようにご説明をしていくことも大切な役割です。
キッチンと階段脇の収納は上下段に分け、下段はペット用スペースとして上段が日用品や食品のストックを収納します。
コンパクトな設計の中で空間を上手に活用していきます。

LDに隣接する洗面脱衣、洗濯室です。洗濯機とガス乾燥機はラックにて重ねてまとめます。
広々とした洗面台にはこれから家具屋さん製作の扉が設置されます。
洗面台にはニッチを設け、各段にコンセントが付いています。真鍮製のタオル掛けも素敵です。

洗面脱衣、洗濯室に連続してファミリークロークを設けました。
ご夫婦とお子様の衣類、また洗濯物までを連続したこのエリアでまとめます。
壁も天井も活用して大容量の空間となりました。

階段部は造作の手すりに照明器具を埋め込んでフットライトとしています。
1階の登り口と2階のホールに人感センサーを設けており、2本以上の照明を手すり内で連結しているため見えない壁の中や床下に工夫があります。
こうした施工をいつも行ってくださる現場の皆様に感謝です。

2階ホールには色分けされた扉が並んでいます。
グレーが書斎、ネイビーとグリーンが子供室です。
ネイビーとグリーンは塗装屋さんによる調色でお施主様お好みの色をつくっていただきました。
ちょっとした遊び心があるのもこの度のお住まいの特徴です。

PH5のある寝室です。素敵ですよね。この器具をダイニングの器具と取り換えながら楽しみます。
実はPHminiがもう1灯ありまして・・・ダイニングの2灯並びも今後撮影したいと思います。
ハイドアを壁面化することも考えられますが、やはり壁と扉は素材が違います。そのため統一感を重視してご提案をしています。
書斎のカウンターを設けるとしても、どこかデザインを合わせたいと考えて、キッチンの飾り棚と揃えてみました。


トイレの埋め込み収納も造作です。
お施主様から既製品でもとお話がありましたが、こうしたところを大事に考えました。
#005から登場しておりますこちらの扉の加工方法です。4方框風に仕上げています。

この度お世話になりました#007のお施主様は#001のご見学からお付き合いいただきまして、
#001のお施主様(奥様)とSNSを通じて色々とご相談をされています。
お施主様同士は他にも繋がっておりまして、hyggeのテイストを気に入ってくださる方からご縁もまた繋がっております。

お引き渡しの際に御礼とともにお手紙もいただきました。
そこに書いていただいておりましたことは、hygge(渡辺工務店)の工事に関係した皆様に対する御礼の言葉です。
多くの方々の力によって、こうして完成を迎えられております。
意匠から性能、検討・実施することはたくさんありまして、その集合体が完成したお住まいです。
必ず愛着を持って暮らしていただけると自信を持って言えます。
それは私たちが勝手に思い込んでいることではなく、お施主様からのこうした言葉が何よりのものです。
これからこちらへ訪問などさせていただく際に、お客様ご家族がどのような表情で暮らされているのか楽しみで仕方ありません。
心にゆとりや余裕を持って、幸せに暮らしていただきたい。
~この家からはじまる かけがえのない暮らし~
住まいづくりを手段として考えて、その目的を深めていくことはまだまだ続いていきます。

hygge
代表 渡邊 一紘

シェアボタン
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!