『水』

こんにちは。
私はこのブログを書かせていただいたり、お打ち合わせをさせていただいたりしておりますが、
現場に入れば現場監督(代理人)です。
そのため、現場の方々とももちろんお話をさせていただきます。
納まりは?納期は?〇〇さんはいつから入るの?

そんな中『hygge』の現場では私と現場作業以外のお話合いをする方もいらっしゃいます。
なんと表現したら良いか・・・
精神論、幸福論、生きるとは、仕事とは、
そして何よりも、私たちがお客様に対してできることとは。

hyggeを運営させていただくようになり、たくさんの新たなお客様と出会い、
そして建築のお約束をさせていただけております。本当に感謝です。

そんなお客様の皆様と出会い、お話をさせていただくほどに、
仕事に対する価値観がどんどん変化をしていきました。
今も変化している中です。

工事代は仕事の対価としてお預かりさせていただき、私たちは生活が出来ております。
工事の対価とは何だろうと、ずっと考えを巡らせて今に至ります。
今回のブログは中間報告でもなく、はじめの一歩かもしれません。
だからこそ、ホームページのブログに残したいと思いました。

私(たち)は仕事を通じて幸せになりたいです。
幸せなお客様を増やしたいです。
そして学んで、気付いて、成長して、さらに幸せへと向かっていきたいです。
綺麗ごとに聞こえてしまうかもしれませんが、心からの喜びや笑顔に満ちた毎日の中で生きる人生にしたいと思っております。
自分自身が考えて気付かなければ、行動が変えられません。
行動が変われなければ、成長することができません。

成長とは人によって捉え方も違いますし、場面によっても変わります。
勉強して資格を取ることも、無くてはならないものです。信用にも繋がります。
仕事が手際よくこなせるようになるのも成長です。
考えるほどにたくさんの答えが出てきますが、これらは大切な枝葉です。

私の成長の根は?幹は?

人の気持ちが分かるようになりたい、相手のことを想いたい。
そして迷わずにその行動を取れる人になりたい。

根は『心』であると、心が成長しなければ、根を伸ばすことができません。
根が伸びなければ、多くのことを吸収(学ぶ)することができません。
吸収できなければ幹は太くならず、丈夫な枝葉も増えません。

前述の「心からの喜びや笑顔に満ちた毎日の中で生きる」ことが『水』なんだと感じています。
枯れないようにではなく、大きく育つように。

このブログを読んでくださっております‘‘仲間‘‘の皆様は、私から見れば大木のような存在です。

私がまだ『種』だった頃に、ある土地や土壌に運んでくださった方がいて、『水』をかけてくださった方がいました。
そして枯れないようにと水をかけ続けてくださったんですね。
まだ幹とも呼べないような芽が出るころから、見守ってくださった多くの‘‘仲間‘‘がいるんです。


生きていれば新緑の季節を感じることも花が咲くこともあるでしょう。
そして次に備えて、葉が落ちることもあるでしょう。
巡るんですね。
だから毎日、根から何かを吸収して太く強くならなければならないと、思ったんです。

行動あるのみ。
結果で示すのみ。
手足が止まってしまうことがあります。
それでも頭の中、心の中は止まらないように。

hygge~この家からはじまる かけがえのない暮らし~
代表 渡邊一紘


シェアボタン
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!